FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
獣医学部新設について様々な意見があります。しかし意見や提案ならまだしも批判しかしない方々もいます。議員は批判をするだけではなく地域をもっと元気するための対案や新たな提案、施策を打ち出すべきだと考えています。

昨年9月県議会一般質問時、時間が余りましたので下記の内容について私の思いを述べさせていただきました。
DSC02346.jpg

「我々県議会議員は、県民の負託を受けた者として、地域に根差す県民の声に真摯に耳を傾け、地域の課題解決に向けたさまざまな活動を行うことで、県勢発展のために努力をいたしております。
 本格的な少子高齢化、人口減少社会の到来など深刻な課題に直面をしている中、真に地方が自立する社会を実現するためには、知恵と工夫を凝らして独自の政策を推進していくことが重要であると思うのであります。
 そのため、地方政治においては、政党色よりも政策を中心に据えた議論を展開していくことこそが、今の時代、我々に求められているのではないかと強く感じております。
 将来にわたる県民の幸せと地域の発展を図っていくためには、大局的な視点で物事を考え、どうすれば実現可能なのかという前向きで建設的な議論を行い、よりよい政策を示していくことこそが必要なのであります。
 何事も批判するばかりでは物事は成就しないのであります。もう一度申し上げますけれども、何事も批判するばかりでは物事は成就しないのであります。批判をするのであれば、思いつきではなく、きちっとした対案を示すなど、県民の負託を受けた者として責任をしっかりと果たしていくことが、我々議員の使命であると確信をいたしております。 」

スポンサーサイト
10月5日付愛媛新聞に県議会会派についての記事が掲載さていました。

img011 (2)
岡山理科大学獣医学部開設記念シンポジウムに参加しました。
このシンポジウムには全国の獣医学関係者のほか行政関係者など約500人が集まり盛大に開催されました。
最初に、柳沢康信学長(前愛媛大学学長)から挨拶があり、吉川泰弘獣医学部長(東京大学名誉教授)が獣医学部紹介とシンポジウム趣旨説明が行われました。
招待講演ではフランス・リヨン大学オリビエ・ファージェア博士が「国際獣医学教育について」お話をされました。記念シンポジウムでは日本の獣医学の権威といわれる方々4名からそれぞれ研究成果などの講演も行われました。
約5時間のシンポジウムで少し疲れましたが、貴重な話を聞くことができました。

愛媛県の伝統工芸品「砥部焼」、「菊間瓦」などの技術支援・研究などを行う窯業技術センター新築工事 起工式が砥部町大南で行われ出席しました。
現、窯業技術センターは、老朽化、狭あい化が著しく、十分な機能を発揮できない状態となっており、建物自体が50年ぐらい経ったこともあり、今回建て替えることになりました。

IMG_1630.jpg IMG_1632.jpgIMG_1633.jpg
今治地方の水資源の確保、山地災害防止など、公益性の高い森林整備などを目的に、昭和62年に発足した「今治地方水と緑の懇話会」平成30年度総会が今治市玉川支所にて、昨日開催され出席しました。
IMG_1629.jpg IMG_1628.jpgIMG_1626.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。